• HOME
  • 「ガイナ」の消臭性能

「ガイナ」の消臭性能

臭いが発生するメカニズム

top.jpg

一般的に、空気中に浮遊しているホコリやチリ、タバコの煙、花粉など、汚れや臭いの原因となる物質は、プラスの電気を帯びることで浮遊しています。

また、室内の壁や天井は静電気を帯びているため、これらの汚濁物質が静電付着し、汚れや臭いの原因となっています。

ガイナは帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質が付着しにくく、さらにイオン化した水分が浮遊している汚濁物質と結合し浮遊しにくくします。

空気質の改善!元気のでる空気質を創り出す

top.jpg

ガイナに含まれる特殊セラミックは熱やエネルギーうを受けるとその優れた遠赤外線放射性能により、遠赤外線を放出します。

遠赤外線は室内空気の水分子に作用し、マイナスイオン化します。 実際にガイナをせこうした室内空気のイオンバランスを測定したところ、施工前はプラスイオンや塵埃が多かった空気質が、施工後はマイナスイオン優位で浮遊している塵埃も少ないより理想に近いデーターが得られました。

(資料提供:(株)日進産業)。



  • 東村山 グッドジョブはここまでやります! 安心外壁診断
  • 営業トークの決め台詞! ○○無料に気を付けて ○○無料はその見返りがあるから無料です!
  • そのお見積もり 信用できますか?