電話で無料相談 無料で相談・見積
東京都 東大和市 F様邸 外壁塗装・屋根葺き替え

きれいにしてくれて助かりました!

外壁塗装・屋根葺き替え

地震が怖いので屋根瓦の劣化に伴い、屋根を瓦から金属製の屋根へと葺き替えをしたい。外壁の羽目板部分が腐食しているので同時に張り替えたい。夏場の室内が暑さが気になるので、断熱ガラス、断熱塗料ガイナで塗装したい、というお客様からのご要望でした。

施工内容

外壁塗装
屋根ガルバリウム鋼板通気工法
天井断熱工事
外壁サイディング工事
雨樋/勝手口/断熱硝子/植木伐採工事

使用商材・建材

外壁:日進産業 断熱塗料ガイナ/旭トステム外装Danサイディング
屋根:MSタフルーフ ガルバニウム鋼板

Overview

リフォーム全体の概要

工期 約1ヵ月
住所 東京都 東村山市
費用総額 352万 円(税込)
施工箇所 外壁/屋根/雨樋/軒天/破風板/戸袋鏡板/雨戸鏡板/ウェザーカバーダクト/霧除け庇/バルコニー床面/門扉
SUMMARY

この施工事例の他の部位

VOICE

お客様の声

塗装以外の工事もすぐに見積もりを作成して対応していただき、金額の説明も分かりやすかったので、グッドジョブさんに施工をお願いしました。

SIMULATION

カラーシミュレーション

施工前の様子です。

施工前の様子です。

こちらに決定いたしました。

こちらに決定いたしました。

施工前

瓦屋根に劣化が見られました。

瓦屋根に劣化が見られました。

バルコニー床面に汚れの付着、劣化が見られました。

バルコニー床面に汚れの付着、劣化が見られました。

外壁羽目板部分に汚れの付着、塗膜の剥がれ、素地全体の傷みなど著しい劣化が見られました。

外壁羽目板部分に汚れの付着、塗膜の剥がれ、素地全体の傷みなど著しい劣化が見られました。

断熱材が入っていないため、暑さが気になると言うことでした。

断熱材が入っていないため、暑さが気になると言うことでした。

バルコニー腰壁に水垢汚れの付着、多少の色褪せ、劣化が見られました。

バルコニー腰壁に水垢汚れの付着、多少の色褪せ、劣化が見られました。

雨戸に一部の剥がれ、汚れの付着が見られました。

雨戸に一部の剥がれ、汚れの付着が見られました。

施工中

高圧洗浄ワグナーのワグナー製防音型高圧ジェッター150MPa圧を使用しています。

高圧洗浄ワグナーのワグナー製防音型高圧ジェッター150MPa圧を使用しています。

既存屋根瓦撤去した様子です。

既存屋根瓦撤去した様子です。

下地材(コンパネ)施工後の様子です。

下地材(コンパネ)施工後の様子です。

防水材とガルバリウム合板の施工後の様子です。

防水材とガルバリウム合板の施工後の様子です。

断熱材を設置した様子です。

断熱材を設置した様子です。

役物の取付けを行っています。

役物の取付けを行っています。

防水シートを設置した様子です。

防水シートを設置した様子です。

外壁にサイディング貼りを行っています。

外壁にサイディング貼りを行っています。

勝手口扉の設置を行っています。

勝手口扉の設置を行っています。

下地調整として、ケレン(ヤスリ掛け)を行っています。

下地調整として、ケレン(ヤスリ掛け)を行っています。

破風板の下塗りの様子です。日本ペイントのパーフェクトプライマーを使用しています。

破風板の下塗りの様子です。日本ペイントのパーフェクトプライマーを使用しています。

破風板の上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

破風板の上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

下屋根(トタン部)のケレン(ヤスリ掛け)を行っています。

下屋根(トタン部)のケレン(ヤスリ掛け)を行っています。

下屋根(トタン部)の上塗りの様子です。日本ペイントのハイポンファインデグロを使用しています。

下屋根(トタン部)の上塗りの様子です。日本ペイントのハイポンファインデグロを使用しています。

下屋根(トタン部)の上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

下屋根(トタン部)の上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

バルコニー腰壁内側をケレン(ヤスリ掛け)しています。

バルコニー腰壁内側をケレン(ヤスリ掛け)しています。

バルコニー腰壁内側(金属サイディング)の下塗りの様子です。日本ペイントのパーフェクトプライマーを使用しています。

バルコニー腰壁内側(金属サイディング)の下塗りの様子です。日本ペイントのパーフェクトプライマーを使用しています。

バルコニー腰壁内側(金属サイディング)の上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

バルコニー腰壁内側(金属サイディング)の上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

霧除け庇のケレン(ヤスリ掛け)をしています。

霧除け庇のケレン(ヤスリ掛け)をしています。

霧除け庇の下塗りの様子です。日本ペイントのハイポンファインデグロを使用しています。

霧除け庇の下塗りの様子です。日本ペイントのハイポンファインデグロを使用しています。

霧除け庇の上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

霧除け庇の上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

バルコニー腰壁外側の下塗りの様子です。日本ペイントの1液ベストシーラーを使用しています。

バルコニー腰壁外側の下塗りの様子です。日本ペイントの1液ベストシーラーを使用しています。

バルコニー笠木を下地調整と下塗りし、コーキング処理を行いました。下塗りで使用した塗料は、日本ペイントのハイポンファインデグロです。

バルコニー笠木を下地調整と下塗りし、コーキング処理を行いました。下塗りで使用した塗料は、日本ペイントのハイポンファインデグロです。

バルコニー笠木の上塗りの様子です。日本ペイントのファインシリコンベストを使用しています。

バルコニー笠木の上塗りの様子です。日本ペイントのファインシリコンベストを使用しています。

バルコニー腰壁外側の中塗りを行っています。日本ペイントのファインシリコンベストを使用しています。

バルコニー腰壁外側の中塗りを行っています。日本ペイントのファインシリコンベストを使用しています。

バルコニー腰壁外側の上塗りの様子です。日本ペイントのファインシリコンベストを使用しています。 

バルコニー腰壁外側の上塗りの様子です。日本ペイントのファインシリコンベストを使用しています。 

戸袋鏡板のケレン(ヤスリ掛け)をしています。

戸袋鏡板のケレン(ヤスリ掛け)をしています。

戸袋鏡板の下塗りの様子です。日本ペイントのパーフェクトプライマーを使用しています。

戸袋鏡板の下塗りの様子です。日本ペイントのパーフェクトプライマーを使用しています。

戸袋鏡板の上塗りを行っています。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

戸袋鏡板の上塗りを行っています。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

軒天のケレン(ヤスリ掛け)を行っています。

軒天のケレン(ヤスリ掛け)を行っています。

軒天の下塗りを行っています。日本ペイントのケンエースGⅡを使用しています。

軒天の下塗りを行っています。日本ペイントのケンエースGⅡを使用しています。

軒天の上塗りの様子です。日本ペイントのケンエースGⅡを使用しています。

軒天の上塗りの様子です。日本ペイントのケンエースGⅡを使用しています。

外壁(漆喰部)の下塗りの様子です。日本ペイントのカチオンシーラーを使用しています。

外壁(漆喰部)の下塗りの様子です。日本ペイントのカチオンシーラーを使用しています。

外壁(漆喰部)の中塗りの様子です。日進産業の断熱塗料ガイナを使用しています。

外壁(漆喰部)の中塗りの様子です。日進産業の断熱塗料ガイナを使用しています。

外壁(漆喰部)の上塗りの様子です。日進産業の断熱塗料ガイナを使用しています。

外壁(漆喰部)の上塗りの様子です。日進産業の断熱塗料ガイナを使用しています。

外壁(リシン)の下塗りを行っています。日本ペイントのパーフェクトフィラーを使用しています。

外壁(リシン)の下塗りを行っています。日本ペイントのパーフェクトフィラーを使用しています。

外壁(リシン)の中塗りの様子です。日進産業の断熱塗料ガイナを使用しています。

外壁(リシン)の中塗りの様子です。日進産業の断熱塗料ガイナを使用しています。

軒天(リシン)の上塗りの様子です。日進産業の断熱塗料ガイナを使用しています。

軒天(リシン)の上塗りの様子です。日進産業の断熱塗料ガイナを使用しています。

雨戸鏡板のケレン(ヤスリ掛け)を行っています。

雨戸鏡板のケレン(ヤスリ掛け)を行っています。

雨戸鏡板の下塗りの様子です。日本ペイントのハイポンファインデグロを使用しています。

雨戸鏡板の下塗りの様子です。日本ペイントのハイポンファインデグロを使用しています。

雨戸鏡板の上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

雨戸鏡板の上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

門扉とフェンスのケレン(ヤスリ掛け)をしました。

門扉とフェンスのケレン(ヤスリ掛け)をしました。

門扉とフェンスの下塗りの様子です。日本ペイントのハイポンファインデグロを使用しています。

門扉とフェンスの下塗りの様子です。日本ペイントのハイポンファインデグロを使用しています。

門扉とフェンスの上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

門扉とフェンスの上塗りの様子です。日本ペイントの1液ファインウレタンを使用しています。

バルコニー床面のケレン(ヤスリ掛け)を行っています。

バルコニー床面のケレン(ヤスリ掛け)を行っています。

バルコニー床面の改修ドレン設置後、コーキング処理を行いました。

バルコニー床面の改修ドレン設置後、コーキング処理を行いました。

バルコニー床面の下塗りの様子です。東日本塗料のプライマーUSを使用しています。

バルコニー床面の下塗りの様子です。東日本塗料のプライマーUSを使用しています。

バルコニー床面の上塗り1回目の様子です。東日本塗料のローン12ウレタン防水を使用しています。

バルコニー床面の上塗り1回目の様子です。東日本塗料のローン12ウレタン防水を使用しています。

バルコニー床面の上塗り2回目の様子です。東日本塗料のフローン12ウレタン防水を使用しています。

バルコニー床面の上塗り2回目の様子です。東日本塗料のフローン12ウレタン防水を使用しています。

既存の雨樋を撤去しました。

既存の雨樋を撤去しました。

新規雨樋設置後の様子です。

新規雨樋設置後の様子です。

既存の単板ガラスを撤去し、建付け調整を行っている様子です。

既存の単板ガラスを撤去し、建付け調整を行っている様子です。

新しく、エコガラスを設置しました。日本板硝子のスペーシアSTⅡの真空ガラスFL3+FL3を使用しました。

新しく、エコガラスを設置しました。日本板硝子のスペーシアSTⅡの真空ガラスFL3+FL3を使用しました。

施工後

瓦を撤去後、下地調整を行ない、ガルバリウム鋼板にて葺き替えを行ないました。外壁開口部周りのクラック(ヒビ割れ)個所には、下地処理としてコーキング補修を行なった上で、下塗り、中塗り、上塗りと塗装しました。

瓦を撤去後、下地調整を行ない、ガルバリウム鋼板にて葺き替えを行ないました。外壁開口部周りのクラック(ヒビ割れ)個所には、下地処理としてコーキング補修を行なった上で、下塗り、中塗り、上塗りと塗装しました。

下地調整後、破風板、軒天の汚れ付着、クラック(ヒビ割れ)は、塗装前に高圧洗浄で汚れを除去し、下地処理としてヒビ割れにコーキング補修処理し、外壁同様断熱塗料ガイナで、下塗り、中塗り、上塗りと仕上げました。

下地調整後、破風板、軒天の汚れ付着、クラック(ヒビ割れ)は、塗装前に高圧洗浄で汚れを除去し、下地処理としてヒビ割れにコーキング補修処理し、外壁同様断熱塗料ガイナで、下塗り、中塗り、上塗りと仕上げました。

バルコニー腰壁部分にも、クラック(ヒビ割れ)が目立ちましたので、下地処理としてコーキング補修を行なった上で、塗装しました。腰壁の色については、外壁よりも濃い色で塗装し、アクセントにしました。

バルコニー腰壁部分にも、クラック(ヒビ割れ)が目立ちましたので、下地処理としてコーキング補修を行なった上で、塗装しました。腰壁の色については、外壁よりも濃い色で塗装し、アクセントにしました。

出窓の霧除け庇に汚れ付着や色褪せなどがありましたが、高圧洗浄で汚れを除去、下地調整としてケレン(ヤスリ掛け)で塗装の密着度を高め、下塗りに錆止め塗装、上塗りにウレタン樹脂塗料で仕上げました。

出窓の霧除け庇に汚れ付着や色褪せなどがありましたが、高圧洗浄で汚れを除去、下地調整としてケレン(ヤスリ掛け)で塗装の密着度を高め、下塗りに錆止め塗装、上塗りにウレタン樹脂塗料で仕上げました。

戸袋鏡板は、下地調整後、下塗りに錆止めを塗装し、上塗りはサッシと同色のウレタン樹脂塗料で仕上げました。刷毛ムラを防止するために、スプレーガンにて吹付けで仕上げました。

戸袋鏡板は、下地調整後、下塗りに錆止めを塗装し、上塗りはサッシと同色のウレタン樹脂塗料で仕上げました。刷毛ムラを防止するために、スプレーガンにて吹付けで仕上げました。

大きくイメージチェンジを行ない、オレンジ系統でまとめた明るい印象にしました。屋根・外壁共に断熱塗料ガイナで施工しましたので、夏は涼しく、冬は暖かい、環境になりました。

大きくイメージチェンジを行ない、オレンジ系統でまとめた明るい印象にしました。屋根・外壁共に断熱塗料ガイナで施工しましたので、夏は涼しく、冬は暖かい、環境になりました。