• HOME
  • 「ガイナ」の断熱・保温性能

「ガイナ」の断熱・保温性能

寒さ対策 ⇒ 断熱・保温性能

top.jpg

熱は高いところから低いところへ移動する性質を持っています。

ガイナを外装に施工すると、外の空気温度とガイナを塗布した表面温度が適応することよって熱の均衡化が起き、その表面で熱の移動を差証言に抑えます。

この働きにより、外部からの冷気の影響を遮り、室内の熱を外へ逃がしにくくします。

ガイナを施工すると、体感温度は上がる!

top.jpg

室内空気温度が30℃で、壁・天井の表面温度が10℃である左図の部屋の体感温度は20℃となります。
[(30℃+10℃)÷2=20℃]

ガイナを施工した右図の部屋は室内空気温度が同じ30℃でも壁・天井の表面温度が室内空気温度に順応し、体感温度は30℃となり、その差が10℃も高くなります。
[(30℃+30℃)÷2=30℃]

暖房率アップ!

top.jpg

志賀高原スキーロッジのお客様 角部屋の客室2面が外壁と面しており、暖房機をしようしても他の部屋より室温が上がりにくいので暖かくしたいというご要望でした。

そこで、ガイナを壁・天井に塗装したところ、同じ暖房機で室温が7.7℃上昇!

この事実は、ガイナの断熱性の高さを表わしています。室内の暖房熱を外部に逃さなかったということです。

(資料提供:(株)日進作業)

暖房費用が節約!

top.jpg

暖房の灯油代1万9021円(40%)マイナス 静岡県浜松市の戸建て住宅にガイナを施工。

冬季は石油暖房機で暖房しているためガイナ施工前と施工後の12月から3月までの4ヶ月間の灯油代を比較してみました。

その結果、施工後は灯油代が1万9021円 その結果、施工後の電気料金が1万991円安くなっていました。
(比率にして-20%)



  • 東村山 グッドジョブはここまでやります! 安心外壁診断
  • 営業トークの決め台詞! ○○無料に気を付けて ○○無料はその見返りがあるから無料です!
  • そのお見積もり 信用できますか?