電話で無料相談 無料で相談・見積
blog

ノンアスベスト屋根は塗装が出来ない?!

  • 金澤 伸也

外壁塗装を検討されるときに、合わせて屋根の塗装も一緒に検討されていると思います。
一般的な屋根というと、瓦屋根、スレート屋根、板金平葺屋根など様々な種類があります。
今回お話をさせていただくのは、その中でも「スレート屋根」のお話です。
スレート屋根の一般的な耐用年数は、30年と言われています。
しかし、昨今現場調査にお伺いする築20年以内くらいのお宅でスレート屋根の物件については、
「ひび割れ」、「欠け」、「めくれ」などが発生している状況のものが多いです。
その理由を解説いたします。
そのほとんどが、アスベスト(石綿)の規制に基づき、2000年前後に製造されたノンアスベスト切り替え時期の屋根材なのです。
一般的に、アスベスト(石綿)と聞くと、危険なイメージを持たれる方が多いかもしれません。アスベストは空気中に浮遊した状態になければ危険性は低いといわれています。築20年以上のスレート屋根のお宅は、アスベスト入りのスレート屋根材であり、強度についてはしっかりしています。
しかし、アスベスト切り替え時期のスレート屋根については、アスベストの変わりにパルプ繊維などが配合されており、その影響により強度が低くなっています。パルプ繊維を使ったことでスレート屋根材の吸水性が高まり、結果として早い年数(30年未満)での劣化につながっているものが多いです。

例えば、
ニチハのパミール 1996年~2008年頃流通していた製品は、ミルフィーユのように層状にパリパリとめくれる、はがれる(層状剥離)という症状が特徴です。

クボタのコロニアルネオ、グリシェイドネオ 2001年~2006年頃流通していた製品は、ひび割れや欠けが発生しているのが特徴です。

クボタ・松下電工のザルフグラッサ 2001年~2006年頃流通していた製品は、紫外線により劣化し、強度が落ち、反り、ひび割れ、欠けの層間剥離が起こり、高圧洗浄で破損してしまうことがあります。

セキスイのかわらU 1975年~2007年頃流通していたこちらの製品は、古い屋根に重ねて張れる屋根材として流行した屋根材で、ひび割れや剥離がしやすいです。

塗装が望ましくない屋根に無理に塗装をすると、塗装後の割れが多く発生し割れた部分から吸水して傷んでしまいます。更に塗装してもまた同じことの繰り返しになってしまいます。
また、塗装の保証(塗膜保証)の場合、スレートの割れには適用されませんので注意が必要です。

弊社では、現場状況にもよりますが、軽微なひび割れであれば部分的に補修を行いその後、塗装工事をお勧めしております。

こちらが補修状況です。


但し、補修箇所が多い場合には、お勧めできません。
屋根塗装ではなく、屋根の葺き替え(カバー工法含む)でご提案をさせていただくのが一般的です。

屋根は外壁と違って見る機会があまりなく、劣化に気づきにくい場所です。
自分で屋根に上ることは大変危険ですし、上ることにより屋根材を更に傷めてしまう可能性があります。
設計図面に違う製品名が書いてあったからうちは問題ない、といって全く見ずに判断してしまうことは危険です。実は図面と実際の使用建材が異なることもあります。

ご自宅の屋根材が塗装できない製品かどうかは、専門業者にきちんと点検してもらい判断をしましょう。

PROFILE

この記事を書いたスタッフ

金澤 伸也
金澤 伸也
地域の皆様、お家のことでお困りのことがございましたら是非、グッドジョブまでお声をおかけくださいませ。